読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒラメキ! マンション管理

福岡市在住のマンション管理士:北口秀樹のブログへようこそ

マンション管理士賠償責任保険について

マンション管理組合の共用部分の損害を補償する「マンション総合保険」に、特約として「個人賠償責任保険」を付保している管理組合は多いと思います。 この特約は、「日常生活にかかわる偶然の事故により、居住者が、他の居住者や第三者に対して負担する損害…

警固断層帯・南東部の地震発生確率

↑ 警固断層の位置と主な調査地点(地震調査研究推進本部HPより) 地震調査研究推進本部(地震本部)では、福岡市の北西から南東を横断する警固(けご)断層帯についての過去の活動及び将来の活動についてレポートしています。 2005年に発生した「福岡…

地震調査研究推進本部と福岡の活断層の地震発生確率

↑ 九州地域(評価対象地域)において評価対象とする活断層の分布(地震調査研究推進本部HPより) ① 小倉東断層② 福智山(ふくちやま)断層帯③ 西山断層帯④ 宇美断層⑤ 警固(けご)断層帯⑥ 日向(ひなた)峠-小笠木(おかさぎ)峠断層帯⑦ 水縄(みのう)断…

過去100年間の福岡市周辺で発生した地震と福岡の活断層帯

平成17年3月20日午前10時53分に発生した「福岡県西方沖地震(マグニチュード7.0、最大震度6弱)」からまもなく12年となります。 当時、福岡市は歴史的に地震が少ない地域であるとの認識があり、あのような大きな地震が起こったことについて、実質的被害のみ…

修繕積立金が不足する場合の資金調達方法

修繕積立金は、 ① 周期的かつ計画的に行う大規模修繕 ② 建替えにかかる合意形成に必要な調査 ③ 不測の事故その他特別に事由 により必要となる修繕及び敷地・共用部分等の変更に備える準備金として徴収される費用です。

「マンションすまい・る債」で知っておくべき7つのこと

修繕積立金は、マンションの長期的な計画修繕に支出するために積み立てるものであるため、金利の低い普通預金で運用するのはあまり得策ではありません。 しかし、このお金は全区分所有者の共有財産であるため、運用については安全性が最優先されなければなり…

災害発生、あなたはスマホがなくても安否確認できますか?

地震などの大きな災害が発生すると、被災地への安否確認の電話が大量に集中することにより、回線が混雑し、固定電話や携帯電話がつながらなくなります。 東日本大震災の直後には、携帯電話事業者によっては、最大で平常時の約50~60倍以上の通話が一時的に集…

長期修繕計画 ”標準様式” と ”作成ガイドライン” を知っていますか?

「標準管理規約」というものをご存知でしょうか? 国土交通省が作成した管理規約のモデル(ひな型)で、現在では多くの管理組合で利用されています。 標準管理規約が発表される(昭和57年)までは、それぞれの管理組合で独自に管理規約を作成していたため、…

長期修繕計画を見直すときに知っておくべき3つのこと

いま日本各地で、埋設水道管の破損によって、地中の土砂が流されて道路が陥没する事故が頻発しています。 ある統計によると、水道管の基幹である「管路」だけで平成23年には年間約25,000件の破損事故が起こったそうです。

大規模修繕工事(5)施工業者選定のポイント

今から60年程前、東京に日本初の民間分譲マンションが建ちました。 「四谷コーポラス」というマンションです。今も現役で、賃貸募集もされています。 そして、「四谷コーポラス」から遅れること12年、福岡市内にもようやく民間分譲マンションが誕生しま…

大規模修繕工事(4)コンサルタント選定のポイント

☆彡 コンサルティング 解決策を示してその発展を助ける業務 ☆彡 コンサルタント コンサルティングを行う者 「解決策を示してその発展を助ける存在」はありがたいものです。 何かに行き詰まったとき、適切なアドバイスをしてくれる人が身近に存在するっていう…

大規模修繕工事(3)発注方式

前回は、大規模修繕工事の全体的な流れを説明しました。 今回からは少し細かく要所を見ていきたいと思います。 実は私も、この業界に入るまでは、工事とか建設とかいう世界には全く無縁の人でした。

大規模修繕工事(2)工事の流れ

マンションって日本全国で何戸あるのでしょうか? 何棟じゃなくて、何戸って聞くのは、国が棟数についての統計をとってないからです。マンションがこれだけ増えても、日本の住宅の基本はいまだに戸建て住宅がベースになっているということです。

3月法案提出予定の民泊新法(住宅宿泊事業法)とは?

いよいよ民泊新法が国会に提出されます。(3月予定) これまでの民泊(法律に基づいた合法的な民泊)は、従来の旅館業法、各地域における旅館業法条例、特区民泊に基づいたものでしたが、今後の民泊は、住宅宿泊事業というジャンルに属することになります。…

結局マンションは何年もつの?

管理組合の皆さんからよく質問をうけるのが、 「結局、マンションって何年住めるの?」です。 また、大規模修繕工事や長期修繕計画を説明するときによく言われるのが、 「そんな何年も先の話しされたって、その頃まで生きてないよ!」です。

大規模修繕工事(1)基礎知識

建物は完成したときから、気象等の影響による経年劣化が始まります。 私が住む九州地方は、ここ数年はPM2.5の影響があり、せっかく大規模修繕工事で外壁を塗り替えたのに1年もたつと、黒いすすみたいなものが外壁を覆ってしまいます。自然現象は如何ともし…

管理組合が備えるべき3つの名簿

2015年9月に公布された改正個人情報保護法によれば、個人情報保護法の規制対象となる「個人情報取扱事業者」に個人情報を扱う数が少ない小規模事業者が含まれることになっています。そして、その小規模事業者にマンション管理組合も含まれることになります。

福岡市の旅館業法条例改正に伴う分譲マンションへの影響について考えてみた

福岡市は、民泊サービスの法に基づく許可取得の促進を図るため、平成28年12月1日に旅館業法施行条例と同施行細則を改正しました。 民泊といっても、宿泊料をもらって人を宿泊させる行為は、旅館業法における「旅館業」そのものであり、営業許可が必要となり…

震災時に知っておきたい4つの被害判定

震災でマンションが被災した場合、その被害状況を判定するため複数の調査が行われます。マンションを復旧するためには正確な被害状況を把握しなければ、修繕でいいのか、建て替えが必要なのか判断できません。それぞれの調査の目的等を押さえておきましょう。

民泊ローカルニュース<福岡>

北九州市、特区民泊受付開始 初日の申請なし 北九州市は1月30日、「特区民泊」の申請受付を開始しました。 初日の申請件数は0件。 保健衛生課によれば、実施可能地域は戸建てが多いとのこと。